上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんは、どんな一年でしたか?
アタクシは、この一年。有意義な一年を過ごしました。

今年は新規開店を4店舗。工事いたしました。

ん?4店舗?なんか少ないな。そんなもんか?
まあ、いいわ。

仕事があるだけでも感謝です。

後は、リピートばかりで、忙しくしごとしておりました。
アタクシ、なかなか新規客というものが、ありません。うふ。

来年は少し営業してみて、新規客をGETしようと企んでいます(笑)


それと、今プライベートでギター(アコギ)を弾いて遊んでいます。
で、今年の忘年会はアタクシのライブになりました(笑)。

今年一年、アタクシと共に現場で汗を流した業者さん達に楽しんでもらおうと企画しました。

建築業界の忘年会って、飲んで食うだけが多いんです。
はっきり言って、オモシロくないんですよー。

アタクシはつまらんのです。

普段、飲みに行っても、つまらんのです。
仕事の話で、酒はいらんです。

やっぱねー、楽しまないとね。

で、ライブにしたんです。

めちゃめちゃオモシロかったです。

今年の収穫はアタクシのライブでした(笑)

また来年もやります。今度は業者さんたちもステージに立ちたいといってるので、楽しみです。

因みにアタクシの現場は昼休みに生演奏が聞こえる素敵な現場です(笑)
昼休みにギターの練習をするから、職人さんの昼寝を邪魔しております(笑)

仕事も遊びも全力ですー。

来年もやるでー。。。。


来年もよろしくです。
スポンサーサイト
2009.12.27 正解は・・・
「処女塚」と書いて。

「おとめづか」と読む。

洒落ているでしょ?
ほんでもって由来はこんな感じです。

3世紀頃、神戸の菟原(うない・現在の灘区)に麗しの麗人『処女(おとめ)』という娘がいました。
処女の噂は大変凄く、遠く泉州(大阪南部)まで聞こえてました。

ひと目見ようと、たくさんの男達が訪れる日々。

ある時、処女に求婚する若者が二人現れました。

一人は地元菟原の男。もう一人は泉州の男。

どちらも甲乙つけがたい、たくましい若者。

処女は悩みに悩みます。

しかし、結論は出ません。

二人の若者は処女を奪い合う毎日で争いまでに発展するが、双方力も互角。

それを見た処女は更に嘆き悩みます。

見かねた処女の親が二人の若者に提案します。
『生田川の水鳥を弓で射た方が娘と結婚できる』…。

弓の腕にも自信を持つ二人の若者は快諾。

運命の決戦。

固唾のんで見守る人々。処女だけは、手を合わせ目を閉じてる。

そして、矢は放たれた……。

次の瞬間、処女はゆっくりと歩き出し、そして走り出した…。

処女は生田川に身を投げたのだ…。

それを見た、二人の若者も処女を追い生田川に身を投げた。

生田川のほとりには、矢の刺さった水鳥だけが…

その水鳥の背中には2本の矢が刺さっていた…。

処女はそれを見て、弓でも決着がつかず自分が争いの元凶ならば…と、身を投げたのです。


そして、それを見た処女の親は嘆き憂い、処女達を偲んで塚を建てました…。

それが、『処女塚』の由来です。

因みに『処女塚古墳』を挟んで東には『東求女塚古墳』
西には『西求女塚古墳』が建てられましたが、現在は『西求女塚古墳』のみとなってます。

「求女」と書いて「もとめ」と読む。


こんな感じの悲話が由来です。


最近は建築に全然関係ない話ばかりやな(笑)
第一問。早押しです。

さてなんでしょう?

…うんうん、はいはい…なるほど。

全裸でグッタリと横たわるel-Rさん?…



……

残念!

正解は『かえる』でした。持ち金没収~。

おっと。いきなりダンディーな登場すいません(笑)。

では第二問…最終問題です、正解者はポイント二倍。

アタクシの住む神戸に、こんな場所が御座います。因みに映像は御座いません(笑)。

ここは地元民しか、余り知られて無い場所ですが、古墳公園になってます。

歴史ある土地で、すぐ前の交差点の名前も同じです。

こう書いてあります。


『処女塚』



さて、なんと読むでしょう~か?

スィンキング、ツァイム。

スィンキング、ツァイムのBGMは『憂歌団』でお願いします(笑)。
Bくん(笑)は、後輩には厳しい・・・。



自分を大きく見せる(笑)

しかし、すぐにニセモノだとバレる(笑)



仕舞いには、呼び捨てにされる(笑)



しかし、また自分を大きく見せようとするので嫌われる。



Bくん(笑)、独立したのはいいけれど・・・。

仕事がまったく、ありません。



で、可哀想に思った後輩2人が、お金を出し合って雇っていた(笑)

いい奴等だ。



因みにその後輩2人は、俺の仕事も請けてくれるので、B君ネタは彼等から入ってくる。



Bくん(笑)は、彼女はいません。

当然、嫁もいません。


Bくん(笑)、やっぱり男なんで、彼女が欲しいらしい。



後輩2人・・・Bくん(笑)に合コンを頼まれるそうだ。

雇われているのに・・少し先輩気分が抜けないBくん(笑)。



で、合コンのセッチィングができ、Bくん(笑)いざ、出陣~。



居合わせた女子の全てがこう言います・・・・。



「気持ち悪い・・・」ぶははは~。



そう言われた、Bくん(笑)合コンの最中、ずっと隅のほうで、膝を抱えてイジケてたらしい・・・(笑)。



それでも、女子とお話したい、Bくん(笑)。

一人で、飲みに行きます。。。。



キャバでは無く、普通のスナックに飲みに行った・・・。



そこで、王様ゲームを楽しんで、女の子ともチューできたらしい。。。やったね、Bくん(笑)

で、お会計~。



・・・



・・・・



・・・・・・・



21万円なり~がははは~~。



Bくん(笑)素敵にボッタクリされました~。(笑)



次の日、現場でポツーんと膝を抱えてたそうです・・・。



ここで、一句。




一晩で

21万

俺は無理。




by以前勤めていた会社の社長が、バンドーくん(笑)の失敗ぶりに切れて、出入り禁止になったとき(笑)どうしても、バンドーくん(笑)が見たくて、社長を説得し、出入り禁止解禁にしてあげて、バンドーくん(笑)を指名し、失敗を見届けた(笑)el-R

アタクシ、以前神戸市北区という場所に四年ほど住んでおりました。

そこは、神戸であって神戸じゃない、田舎で御座います。

神戸の中心部へのアクセスは、六甲山という峠族の聖地を攻めるか、有料道路に乗るか、渋滞よろしく二本ぐらいしかない一般道を通るか。日本一の料金の高い神戸電鉄に乗るかです。

飲酒運転の取り締まりが多い昨今。繁華街に飲みにでると、神戸電鉄での帰宅を余儀なくされます。
しかも、終電は早かです(笑)

ある日、アタクシ飲みに出て、最終の電車での帰宅途中に、不覚にも、微睡んでしまいました。えへ。
幸か不幸か、目覚めたのは、最寄り駅の2つ先で御座います。
焦ったアタクシ飛び降りました…

が、なんか寂しい駅…誰もいまてん。

それもそのはず、北区という田舎町にある工場地帯の駅に降りてしまいました(笑)
な~んも無い、タクシー乗り場も無ければバスターミナルも御座いません。

どうしようかな~と、思案してましたが、ある事に気付きました。
一駅ぐらい歩いて帰ろう…と。

最寄り駅は2つ先ですが、間の駅の間隔が短く、尚且つその間に家があるので全然平気。

風に吹かれ、酔いを冷ましながら線路沿いの道を歩いてると、徐々に線路と離れて行きました(笑)
余り土地勘が無いので、またまた思案に暮れました…。

が、またまた、ナイスアイデアが浮かんだので御座います。
最終電車はもう行った。
電車はもう来ない。
道は一つ。

そう、線路の上を歩けばいいんや~やっぱ、俺ってば天才。
線路を照らすライトと月明かりで、全然暗くない。
そして、民家すらほとんど無い線路の上を、30過ぎたナイスガイが歩いてく…絵になるなぁ(笑)

余りに寂しいので、歌を歌いながら歩いて行きました。

そう、このシュチュエーションは決まってますよね?

『Stand by me』

何度も歌いながら歩いてくアタクシ。

しかし、ひとつだけ忘れてる事がありました。

ここは北区…

山の中の街…

山の中を走る神戸電鉄…

トンネルもある…

川もある…

軽快に歌いながら歩いて来たアタクシの目の前に陸橋が…
その下には暗くて見えないが、間違いなく川のせせらぎが…
そして、陸橋の先は真っ暗闇…全く先が見えません。

正直びびりましたが、気を取り直して陸橋を下を見ずに歩いて行きました、途中の非難するスペースまで来たのですが…どうも、あの暗闇が…なんか吸い込まれそうな漆黒の闇には、どうしても行く気になれない…

という訳で、またまた歌いながら線路の上を引き返しました(笑)
で、またまた降り立った駅に着き(笑)嫁に電話(笑)

『タクシー呼んで下さい』

そして、家路に着いた時は3時(笑)

あったかいお布団に入り、嫁にアタクシの大冒険を語り、眠りにつきました。

めでたし、めでたし。

皆さんも居眠りには気をつけましょうね(笑)
今日は、職人さん紹介。
Bくん(笑)

何故、名前の後に(笑)が付いているか?
それは、Bくん(笑)がアタクシのツボだからです。

アタクシが独立してからは、まったく一緒に仕事をしないが、噂は聞きます。

Bくん(笑)、ちょっと変わってます。
Bくん(笑)は二十代の時にはかなり頭が薄かった(笑)。

Bくん(笑)の職種は結構早く独立できる職種。他の人は大体一年半ぐらいで独立してるのだけど…Bくん(笑)三年半かかりました(笑)。

そして今はまた元の会社に戻ってます(笑)

けど、Bくん(笑)は頑張り屋さん。しかも照れ屋さん(笑)。

誰かに見られると100%失敗します(笑)

たまに、意地悪してBくん(笑)の作業を見ます。ただ見るだけです。…失敗します(笑)。

Bくん(笑)、自分の失敗を隠します(笑)
床の塩ビタイルを施工中、失敗しました・・・。

そして・・・


足で踏んで隠します…
その場から動かないです(笑)
てか、動けない(笑)。

Bくん(笑)の動きが止まったら、失敗してるという事は皆知ってる(笑)

どけと言っても動かない(笑)

後でこっそり、スリッパで隠します(笑)
で、バレて、めちゃめちゃ怒られます(笑)


昔、Bくん(笑)がした仕事の後に大工さんが現場に入ったとき、Bくん(笑)が仕事した範囲を全て壊した事がある…何故?と聞くと…
『解体前やと思った』らしい、大工さんが気を利かして解体したらしい…

…あの、それは、昨日Bくん(笑)が仕上げたんですけど(笑)…というと、ビックリしてた(笑)

そんな、Bくん(笑)…俺は好きやな~(笑)

頑張れBくん(笑)。

Bくん(笑)…で一句。

出逢い系
逢う前、振り込む
バンドーくん(笑)

byブッチされて、次の日現場でポツーンと体操座りしてる、バンドーくん(笑)が好きなel-R

PS。名前言っちゃった(笑)
インフルエンザが流行ってます。
皆さん、きをつけてください。

ふふふ。
アタクシの嫁もインフルエンザにかかり申した。。。

で、案の定、アタクシも、今フラフラでございます。

昨日悪魔シリーズを終えたから、ほっとしたのか?俺?
やっと、日記らしく今日から新たにスタートするつもりだったけど・・・

この体調じゃ・・・・今日はもう・・・

・・・

・・・・

・・・・・・

書きますよ!

お蔭様で、今日も忙しく仕事していたのですが・・・
どうしても、昼飯時間がかなりずれ込む・・・

今日の昼飯時間は、夕方5時(笑)
すでに、昼じゃないし・・・

でもね、今日は清々しいんです。フラフラやけど・・・。

今日の遅い昼飯を食べるべく、アタクシ、チェーン展開バリバリ感満載の丼屋に入りました。
吉野家みたいな作りで、食券制。

微妙な時間帯なので、客入りは、アタクシを含め3人。

適当に座り、食券を出す。

で、アタクシの向かいに、メガネを掛けた中学生?高校生?とも判断がしにくい少年が一人丼食べてた。
けど、なんか違和感がする・・・。

あっ、左利きなのね(笑)
へー、左で器用に食べるのね。と思っていたけど、少年には利き手なんですね(笑)。

その少年、余所見をせず、一心不乱に丼食べてます。
どことなく、落ち着いた感のある少年。

落ち着き無く、お店をキョロキョロ見てるアラフォなアタクシとは大違い(笑)

少年は丼のクライマック、残りの御飯粒を、丁寧に丁寧に集まれ集まれと集めています。

そういえば、アタクシ、最後は数粒残して、よく怒られたことを思い出しました。
おかあちゃん、ごめんよ・・・おで、おで、少年に教えられたよ。

そして、少年は静かに丼を置き、水を飲み干して、席を立つ。

そして・・・

深々とお辞儀して「ご馳走さまでした」と声を掛け。
すっと出て行った。。。。

なんと、お行儀のいい少年なんやろう・・・

よし、アタクシも・・・と、最後の御飯粒をかき集めようとした時に気付いたんやけど、
アタクシ、テーブルの上にめちゃくちゃこぼしてるし(笑)

情けなか・・・・

でも、最後はちゃんと「ごっそうさん」と声を掛けて、少年のまねして、すっと出てきました。

食券制の店だと、食べ終わったら、なにもいわず出て行く人が多い中、少年は実に気持ちのいい少年でした。

少年よ、そのままで育っておくれよ・・・


おいちゃんは切にそう願う。

てか、フラフラやわー、もう寝るわー。







~そして、今・・・~

あれから何ヶ月も連絡が取れなかった・・・
事務所にいっても、いない・・・

毎日電話してみても、でない・・・

請求書はずっと送ってるが・・・
当然、入金は無い・・・。

僕も、アホに構ってる暇はなく、自分のお客様の仕事で手一杯。
自分のお客様には、関係の無い話に僕が手を取られるのは忍びない・・・

だから、取らない電話と請求書を送るだけにしてる。
暇になれば、追い込んだろかな?(笑)
けど、お蔭様で暇がない。
どこまで、悪運の強いアホなんやろ?(笑)

そうこうしているウチに半年が過ぎていった・・・。

僕の代わりに、厨房屋に振り回されてる、大工Tさんから電話があった。。。

話を聞けば、あの時、悪魔の舞台に行ってきたそうで。。。
はっきりと、「代金は払いません」と言われて来たそうです。

それは、それで問題があるが・・・
厨房屋の作戦が完全に裏目に出た証拠。でも元請さん・・・

それは、関係無くて、工事代金は下請け」には払うのがこの業界のルールです。

掟です。

回収は自分自身でして下さい。僕は下請けには全額払いましたよ。

で、大工Tさんは続けます。聞くと、290万の工事を請けたらしい。。。
下代は220万・・・

厨房屋・・・またかい?施主には200万でします!と、大見得きりました(笑)
見得を切った時点で20万の赤字(笑)

工事をしてると、やっぱり、これもあれもと施主様も欲がでます。。。
そりゃそうですよね。だんだん綺麗になっていくんですから、予算の都合で省いたものまで、やっぱりして欲しいとなるのです。

そこで、厨房屋。快く了承。

・・・したのは、いいが。
また、追加の話をしません。。。。

それどころか、見積よりも豪華な仕様をしているので、かなりの足はでています。
大工Tさん曰く「400万の工事ですよ」・・・らしい(笑)

そして、今。
大工Tさんへの支払が滞っているそうです。
その愚痴を僕に電話してきていました・・・

僕からのアドバイス?
アホとは仕事できまへん!これに尽きます。

それから、何度か大工Tから電話がありました。。。
el-Rさんみたいに連絡つかなくなったら不安ですとか・・・いろいろね。

大工Tさんも、今笛の音に怯えてることでしょう。。。

それから、また半年の現在

いろいろ噂は聞きますが・・・
いい噂は全然聞きません。

仕事はしているみたいです。
第3、第4の僕が生まれていることでしょう。。。

一見、この業界は人口がもっとも多く、華々しくも見えなくないが、
危険な人物も多いです。

真面目に仕事に取り組んでる人を地獄に落とす
悪魔が、一杯潜んでいます。

皆様も、悪魔の笛の音が聞こえたら用心してください。

そして、いい仕事をどんどんやりましょう。
そして、この業界から悪魔の笛の音が聞こえなくなるように、がんばりましょう。

これで、悪魔が来たりて笛吹いたんょは終了いたします。


長い間、ご拝読ありがとうございました。

PS。「誰が為に鐘は鳴るの」は都合上削除いたします。
なぜ?って、結果を先に言うと。今も続いてるし。

悪魔シリーズとは違って、僕にはハッピーエンドだからです。(笑)
それに、日々の日記を書きたいし(笑)それにも出てきますからね。

だ・か・らです。にしし(笑)

かなり長いシリーズでしたね。
よくがんばりました僕。素敵やわ。


~パワーゲーム・・・~

アホ師弟の脅し作戦が成功したかに見えたが・・・

僕には関係ない。
僕はちゃんと仕事をしたつもり。

いや、つもりではなく、きっちりと仕事しました。
それどころか、見積外のことまで、施主様が喜んでくれることを信じ、
精一杯の仕事をした。。。

それが、報われないのは、無念の他に言葉が見当たらない。

もっと、元請の厨房屋がしっかりしてくれてたら・・・
たら・ればはご法度やけど、やっぱりね・・・くやしいです。

夏の暑い中、ウチの職人達と一丸となって挑んだ現場が・・・
と考えるとね・・・やりきれないです。

希望的観測ですが、アホ師弟が、アホ面下げて、お金払います!と来てくれたら苦労はむくわれるが・・・。
こんな、まさに希望を持っているのは、アホ師弟だけです。

年が明け。

意気揚々と悪魔の舞台に乗り込んだ厨房屋・・・
僕は、結果が見えてるが、高みの見物です。

そして、その日は厨房屋から連絡が無く、気にはなっていたのですが、厨房屋はちゃんと連絡すると言っていたので、僕はそれを信じ連絡を待っていました。

次の日、厨房屋から連絡がありました。。。
その声のトーンは・・・

明らかに、沈んで、尚且つどもっていた。

話を聞くと、アホ師弟が乗り込んだ時にはいなかったM氏が待ち構えてて。。
厨房屋は負け犬のごとく「キャイン」としこたま文句を言われ帰ってきたそうです(笑)

アホです。。。

そして、また、僕と大工Tを呼び出そうとしてました。。。

あのね、厨房屋。あんた、そんな時だけ何故電話連絡してくるの?
助けようとしてる時に全然連絡取れずに、しかも電話すら受けなかったのは誰よ?

しかも、僕らの悪口を方々で散々言ってるのに・・・
よくも、まあぬけぬけと・・・

俺は行かへんで!そっちでやれや。ただでさえややこしいのに、アホの師匠がまた引っ掻き回して・・・
今度はそのケツ拭きか?しばくで?ほんま。

・・・

・・・・

・・・・・

それが、彼と最後の会話になりました。


そう、もうこの時、すでに、いや、かなり以前に笛はなっていたのです。

悪魔の笛は、舞台から聞こえるのでは無く。
ずっと、僕の周りに纏わりついていたのです。

その事に、やっと気付いた僕は、彼との過去を思いだしていました。
目を瞑れば、その時々で、笛は鳴っていたのがわかり、悔やまれます。

そして、悪魔の笛の音は、警告だった事にきづきました。
あの時・・・

今更悔いてもしかたがないですがね・・・




そして、現在・・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。