上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日事務所に塗装屋さんがきました。
よく見ると足を少し引きずってる。

話しを聞くとはしごから落下したそうだ、コワ~

塗装屋さんのお知り合いの大工さんのお仕事で戸建ての外壁の塗装だったらしいのですが、
本来足場を掛けなければならないのに、予算が無いとゆうことで脚立と梯子で塗装してくれとのこと。

安全面からいえばありえない話だが、よく聞く話。

不安が的中。梯子から落下。全身打撲で当分仕事できないとの事。
いか~ん、○○さんが仕事できないなら、ウチの塗装工事はストップですよ~、というのもウチの塗装はその人オンリーです。

何故かというと、はっきりいって人柄と腕の問題です。
俺もいろいろ職人さんを見てきたけど、今の塗装屋さんは抜群です。

しょうもない腕でいっぱしの職人をきどる輩が多いこの業界ですが、彼は本物です。
ウチの職人は皆本物の職人が集まってます。

だから、職人さんを大事にしています。ホントに大事にしています。
たの同業者に声を大にしていいたいです。

俺ら店舗屋や工務店は協力業者で成り立っています。
皆が力を合わせてひとつの物件を納めます。それは元請けが偉いのでもなんでもないんですよ。

わかるかい偽者さん?

よく聞くせりふ「業者はなんぼでもおるやからな」・・・それが何か?
OI OI OI 勘違いしちゃいけないよ、偽者くん。

職人さんががんばってくれてるから、俺達はメシ食えるねんで?お客さんと職人さんに感謝しな。

はっきり言いますが、業者さんをコロコロ替える所では仕事を頼まないほうがいいですよ。
えっ?ドコかって?めちゃめちゃ言いたいし、いっぱいありますよ。
あぁ~言いたい!けど我慢します。

汚い業者に吹く風はぬるいのが現状で、一生懸命やってる業者に吹く風は寒いですね。

話がだいぶそれたね。書いてるうちに腹たってきてしまいました。
俺も若いな。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。