上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.13 出店計画その2
物件選びの時になぜ、ウチが同行するかのか?
それは、かなり重要項目です。その物件がはたしてお客さんの望むお店ができるのかを見るためです。

水道は来ているか?排水は?ガスの容量は足りるか?電気は?動力は?飲食店はできるのか?排気はどこに出すのか?などなど。

物件を決める前に調べないといけません。でないと出店できません。
お金もかかります。

teru-awaji-4.jpg

さて、物件が決まり、最初はプランニングから始めます。

まず、お客さんの要望を聞きます、どんな感じにしたいか?客席数は?厨房機器はどんな感じのものを入れたいか?スタッフは何人ぐらいか?これだけはどうしてもしたいとか?などなど。

あそこのお店似たいな感じとか、雑誌に乗っているお店の感じとかも参考にするのもよいでしょう。
ある程度お客さんのプランを聞くことが第一回目の打ち合わせで重要です。

さて次の作業は、平面図でのレイアウトです。
一回目の打ち合わせを元に、平面図作成にかかります。

当然、物件には決まったキャパがあります。10坪しかない物件に50人収容したいなんてのは論外。
物件の寸法を取り正確な図面を起こします。

2、3パターンの平面図を作るのが良いでしょう。
できるだけ、お客さんの要望に近けるようこころがけます。

その平面図をたたき台にして、2回目の打ち合わせにはいります。
ここで、細かく納得が出来るまで吟味しましょう。

レイアウトが決まれば、仕上げ材の選定です。
塗装、壁紙、テーブル、トイレ、棚、ファサードいろいろ決め事がたくさんあります。

ウチは手書きパースを進めています。
最近はCADなど3Dパースが主流ですが、うちはあまりしません。

打ち合わせの時に、その場で簡単なパースが書けるからです。
CADに頼ると絵が書けない人がいるので、お客さんに説明するとき楽です。

で、またまた平面図製作です。
OKがでると、いよいよ見積りです。

今日はこのへんで。







スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。