上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.20 出店計画その3
いよいよ見積りです。

よく、見積りは数社に頼むとよいでしょう、などと言われますが、ここで注意があります。

というのも、レイアウトや平面図はその会社やデザイナーなどの知的財産なので、
デザインや平面図の流用は出来ません。

店舗を造るときに坪幾ら?で見積りは出ません。坪単価で見積り出す業者は論外です。
ウチもよく聞かれますが、その度に坪単価は出ませんといいます。

住宅みたいにある程度設備などが決まってるような物しか坪単価はでないです。

見積りを3社頼むとすれば、それぞれの会社の見積りが挙がります。

たとえば、A社、B社、C社にお店の改装を頼むとします。

当然、3つのプランニングと見積りがでます。

ここで、自分のお店のイメージがちゃんと反映されているかなどを吟味します。

次は、予算内に納まってるか確認します。

A社はプランは良いが、予算オーバー。
B社はプランはショボイが、安い。
C社はプランと値段はA社とC社の間、などの分析結果がでます。

もう、この時には担当者の人となりが見えてくるころですので、そこも十分ポイントに入れましょう。

ここで、ちゃんと見積り説明を聞きましょう。
どんなプランの意図があるのか、どんな素材を使うのかどんどん聞きましょう。

素材を替えるだけでコストダウンも出来ますし、ローコストプランを提案してもらうのも良いですね。
お金をかけるところはちゃんとかけて、妥協できるところは妥協する、ここがポイントです。

完成したときに問題が無いように対話は重要です。
後で、追加が多く発生したりしないよう対話、どうしても追加が発生していまう時も対話です。

もっといっぱい書きたいけどこのへんで次にいきたいと思います。

で、業者と予算が決まれば工事着工です。




スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。