上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わからん奴らが多いわい。

 寝起きでこんな事書くのもなんですが、現場監督や担当者に無知な奴が多い気がします、基本的な事を知らずに現場管理している監督がいます。こんな事書いてる私も全てに精通しているとは思いませんし、わからない事も多々ありますし、現場監督や担当者が悪いと思いませんが、なぜこんな事書くかというとトラブルの原因になるからです。
 それは施主とのトラブルもそうですが、現場で働く職人さんともトラブルが多いのです、当然工事に影響しますし、金銭面でもそうです。
 
 日記にも書いた見積りの難しさもありますが、仕上がりの納め方、施工方法などを考えなければならないからです。それによって材料の発注・段取りが大きく変わるし、工程も変わり工期延長・追加工事などなどトラブルが発生します。今は価格競争の真っ只中、棚板一枚も苦しい中、業者や職人もいい物造ろうと頑張っています、それを何もわからない担当者や監督が問題を起こします。

 中にはすごい頑張っている担当者や監督もいます、いい仕事しようと、施主さんの喜ぶ顔がみたいと頑張っています、それは業者や職人も同じ気持ちになります。

 問題は工務店・リフォーム店の経営方針や雇用問題にも原因が少なからずあります。人手不足で研修もせずいきなり現場とか、ただ資格を持っているだけで現場経験がないのにいきなり現場を担当しないといけないとかです。

 「経験と意欲がものを言う」と以前誰かにいわれた事を思い出しました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elr.blog74.fc2.com/tb.php/11-4c0ff3ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。