上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~出会い~

もう4年も前になるだろうか?
残暑が厳しい9月のことだった。

以前勤めていた会社を辞め、独立して最初の店舗新装工事を請け負ったときでした。

気分も新たに新装工事の準備を進めていたとき、厨房機器の見積りで作業が止まりました。
と、ゆうのも前の会社からの業者に見積り取るか、せっかく独立したんやし新規で業者を開拓しようかと思案していました。

私は後者を選択し、以前から気になっていた「中古厨房」の大きな看板の店に行くことにしました。

その店に着き、新店舗の図面を持って奥の事務所らしきところに向かいました。
なるほど、中古厨房の看板に偽りなしか、中古の厨房機器が並んでいる、少しは期待出来るかなどと考えながら、事務所に入りました。

出迎えてくれたのは、少しオドオドした40歳くらいのメガネをかけた人、あまり人の目を見ない人でした。
まあ、外見で判断するのはアカンと思い何点か質問しました。

el-R 「看板に中古厨房って書いてるけど、この店に並んでいるやつ以外も入れれるの?」
厨房屋「はい、いってくれたらなんでも用意します。」

el-R 「厨房計画もできるの?」
厨房屋「はい、何百件もの厨房をお世話してきました。」

ほう、これは期待できるかな。

el-R 「こんな店を店を作りたいんやけど」、と新店舗の図面をみせました。
しばらく、厨房屋は黙り込んで、図面とにらめっこしてましたが、ようやく口を開き出てきた言葉が

「これは無理ですね」
はあ~?なんで?

厨房屋「この厨房計画じゃあ駄目です、これは無理があります」あ~だ、こ~だと厨房の事を話しだし、これはこ~で、あれはこ~でと、やっても無いのに無理やとぬかしやがる。

やはり、コイツには無理か、まあ結果は分かっていたが少しは期待したのに残念や。
というのも、この新店舗はなかなか難しい物件で、業種はお好み焼き・鉄板焼のお店で、5坪ほどの広さで、カウンター7席、4人掛けテーブル席、トイレも完備。

普通にプランすれば無理でしょうね。しかしこのプランを考えたSさんは、なかなかうまく図面に落としていました、たぶん相当考えたやろうね。

その努力を工房el-Rが形にしてあげるよ。まかせなさい。

el-R 「無理ならしゃ~ない、他あたるわ。あ、食洗機が有ったら教えてな」
厨房屋「すいません。食洗機は探しときます」の言葉とは反対にメガネの奥の目は笑っているように見えた、あたかも「できるもんならやってみろ」と。

・・・・できたよ。

できたお店は、大阪新町の顔ともいえるほどの繁盛店「鉄板焼 介」

そして、頼りない厨房屋から連絡があり食洗機がはいったので納品にいきますと、
さあ来い、厨房屋アンタが無理やといったお店が現実に存在するのを見てみなさい。

当然、厨房屋は驚きを隠せずオドオドしてました(もともとオドオドしてたが)
納品も終わり、代金を支払って完了。

もうアンタには用はないよ~さよなら~、食洗機ありがとね。



4年前の秋、まだこの時は笛はなっていなかった。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。