上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~厨房屋三度現る~

居酒屋さんの工事も終わり、少しだけ暇になったので、厨房屋さんと話をすることができた。
厨房屋いわく「僕は中古厨房や設備を扱っていて、とりわけ中古厨房には強いです、飲食店のオーナーさんからは先生のように思われていますよ~」

へ~。

「厨房機器を扱ってるとね、内装の話や、出店計画なども話があるんですよ。
だから、これからは内装とかも受けて行こうと思うんですね、しかし僕は内装があまり分からないので、el-Rさんに協力して欲しいんです。」

そんな事やったら、いつでも協力するよ。

など、話をしていると工房el-Rもこれからの展開などに一筋の光が見えてきました。
最初の出会いが最悪の印象だったけど、これからは良きパートナーとして、お付き合いが出来ればいいなと思いました。

それから、1ヶ月が過ぎようとする頃、厨房屋から電話がありました。
「あの~、今ね、大阪でラーメン屋さんの工事をしているんですけど、シロッコファンの結線が出来なくて困っているんです。」

???何で出来ひんの???
まさか、自分で結線しようとしてるの?電気屋さんじゃないと出来ひんよ。

「そうじゃなくて、シロッコファンを天井裏に設置しているんですが、天井がもう仕上がっていて点検口を設置しないと結線できないんです」

はぁ~?そんなん何で先にしこまへんの?で、どうすんの?

「点検口の設置の仕方教えて下さい」

ひとつひとつ丁寧に教えようとしましたが、ぜんぜん伝わらない。

「こうすればいいんですか?」
ちゃう、こうするねん。

「こうですか?」
ちゃう!

「あっ、こうしたらいいんですね」
アホやろ?

電話で話してても埒アカンから、いったるわ。場所教えて?

「今から点検口を買いにいくんです」
なめとんか?

そんな、やりとりをしながら、結局厨房屋の事務所で待ち合わせをし、el-Rの従業員Dを派兵しました。遅れて私もDを迎えにいきました。

無事、点検口も付き、これで結線できるなと思いながら現場を後にしようとしたときに振り返ると厨房屋さんは近所のおじさんに「やかましいわ!いつまでやっとるねん!」と怒鳴られていました。

それもそのはず、お店の前でフードの開口をディスクサンダーでものすごい音を出して切っていました。

そら怒るわ、その時時刻は午後9時を回ってた。
これから先が思いやられるわ。はぁ~。


この時から笛の音が微かに聞こえてきたように思えるが、まだ僕は気付いてない。。。




スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。