上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~小悪魔が来たりて・・・~

切り倒した植木の夜の撤去に向かう僕。
現場に到着したのは、夜9時をまわっていた。

現場の近くに厨房屋のトラックが停まっていた。

おっ、俺より早く着いてるじゃん。

早速現場に向かってみると、そこには大工Mだけの姿がありました。
あれっメタボちゃんは?

「ちょっとこれないみたいです」
しゃ~ない、じゃあ2人で積み込みますか?

ということで、2人で一生懸命トラックまで運び積み込みました。
2トン車の荷台が半分の量で一杯になり上から踏みつけながらすべて積み込みました。
かなり背がたかくなったのでロープで絞込みなんとか完了。

やれやれ、結構手間くったな~。

大工Mと少し休憩してる時に大工Mがこう切り出しました。

「あの~クロス屋工事お願いしたいんですけど」
「実は前にお仕事してた工務店にクロス工事を頼まれたんですけど・・・」

はいはい、いいですよ、どんな現場ですか?現場下見行きましょうか?
「いや、実は明日にでも貼ってもらいたいんですけど・・・」

はぁ?あと1時間くらいで明日ですよ?
「すいません、急で・・・」

急すぎるわ!
「困ってるんでお願いできますか?」

ちょっとまってや、聞いてみるわ。
速攻クロス屋Yさんに電話。
夜分にすいません、明日動けないですか?

クロス屋Yさん「どんな現場?現場下見に行きましょうか?」
1分まえに僕の口から発せられた台詞が帰ってきた。

いや、実は明日にでも貼ってもらいたいんですけど・・・1分前に大工Mが発した台詞をそのままコピー。
クロス屋Yさん「あと1時間くらいで明日ですけど・・・」
・・・・ごめん、心の中でそうつぶやいた時、クロス屋さんがこう言いました。

クロス屋Yさん「el-Rさんがこんな時間に電話してくるのは緊急ですね、どうしても明日は無理なんで明後日で話つけてもらえたら行きますよ。」
ありがと~、いっぺん話してみるわ。

明日は無理なんで明後日なら都合つけていけるそうですが、どうですかMさん?
「それでおねがいします。」

じゃあ現場の住所とクロスの品番教えてください。
「住所は今ワカラないので、武庫之荘駅前で明日の9時にまちあわせでいいですか?品番は量産クロスでなんでもいいです。」

・・・なんちゅうアバウトな・・・そっくりやな、誰かさんと・・・
そっくりクロス屋Yさんに伝えました。

クロス屋Yさん「el-Rさんじゃなかったら100%断ってますよ。」
すんません、無理いいます・・・

あのさ~Mさん、ウチは暇な業者じゃないんで、もっと早くいってね。
厨房屋を助けようとしてるのに、そっちがもっとしっかりしてもらわないと困るよ。

助けてあげるといった手前、協力は惜しまないけど、頼むで?
「すいません、ありがとうございます」


その日はもう終了して帰りました。

次の日、あの施主さんから連絡があり、完全にお流れになりました。
ある意味よかったかなと胸をなでおろしました。

そして、クロス工事の方も無事終了とのことで連絡がありました。
クロス屋Y「無事工事終了です、それともう一件やって欲しいそうなんですが・・・」

あ~そうなんですか、じゃあやってあげてくれますか?
クロス屋Y「了解~、じゃあ適当に日取りとか打ち合わせしときますね。」

ありがとございます。

その後3物件のクロス工事を完了させていただきました。



この時はまだ小悪魔の影は見えてなかったが、確実に笛は鳴っていた。
ただ、僕が気づいてなかった。






スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。