上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~一人では不安~


「あの~・・・」
いつもの声が聞こえた。

「一度ね、話だけでも聞こうかなと、思いまして・・・」
何の話?

「この間話たUさんの現場のことです、相当こまっているみたいで・・・助けてあげようかなと・・・」
頑張ってくださいね、デザイナーは紹介しませんよ。

「el-Rさん、一緒に来てくれませんか?」
え?俺?

「俺口下手で、突っ込まれたときにオロオロするんで・・・」
・・・どうしてもなら、行きますけど・・・

「ありがとうございます、早速Uさんに連絡します」
はいはい、それより上新庄の解体工事どうするの?

この時、厨房屋さんから、お店の解体工事を依頼され、
見積もりも提出し、後は大家さんである某電鉄会社とのすり合わせのみになっていました。

駅の商業施設の中にある店舗の解体工事、
某電鉄会社には打ち合わせもさることながら、提出書類も多く、元請である厨房屋はオロオロしていました。

「あの~・・・・」
またかい!

「某電鉄会社との打ち合わせに一緒に来てくれませんか?」
え?俺?別にええけど・・・一人じゃ無理なん?

「あまり自信が無いです・・・el-Rさんが居てくれたら心強いです」
はいはい、じゃあ行きましょか。

で、某電鉄会社に到着、受付を済ませ、会議室へ。
中には10人以上が待機していました。

さすがに、相手が10人は壮観やな~と思いながら厨房屋と着席。
打ち合わせスタート。

相手からの質問には、全て僕が返答。
厨房屋をみると下を向いて、一言も発しない。

まあ、しゃ~ないな、奴にはこの人数は無理やろな。
意見が食い違い、少し語気が荒くなった時も救援なし。

すべて、僕まかせ。少し僕も苛立ちながらも無事打ち合わせ終了。

帰り道。
「いや~el-Rさんの話術はすごいですね。俺もそれぐらい話せたらな~。バシッと決めた時はシ~ンってなりましたね~」
てか、あんたが何も話さないんで、しかたなかろ?イライラするわ。

「でね、さっきUさんから連絡があり、一度先方さんと会って欲しいと連絡がありました。」
ああ、あの揉めてる現場ね?いいですよ~。

「日にちが決ったら一緒に行って下さいね」
はいはい、あんまり行きたくは無いけどね。


Uさんから連絡があり、日にちが決まり、
僕は問題の物件へと接点が出来てしまう事になった。。。。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。