上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~門戸は開いた~

「あれ?居ないみたいですね・・・」
そう言ったのは厨房屋だった。

厨房屋はUさんの事務所の前で中の様子を伺いながら、携帯を耳にあてている。
どうも連絡が取れないらしい。

今日やろ?その物件の施主側と会うの。
なんで、Uさんと連絡取れへんの?ホンマにこまっとん?

「ちょっと待ってください・・・はい・・・はい・・・わかりました」
どうやら、やっと連絡が付いたらしい・・・。

「じゃあ、いきましょか?この近くだそうです」
「Uさんは、来ないそうです」

はあ~~?なんでやねん?ありえへんやろ?
てか、その施主さんと厨房屋さんは会ったことあるの?

「いえ、全然ないです」
え?じゃあ僕らは何しに行くの?

「話あいにいきます」
だから何のよ?

「わかりません」
アホか?

「Uさんが、とりあえず会ってくれとしか言わないんです・・・先方には店舗改装の業者が行くといってるらしいので・・・とりあえず会ってみます」
意味わからんわ。。。。

そうこうしているうちに、とあるマンションの管理室の前にやってきた。
どうやらココらしい。。。

「失礼します」
厨房屋が入っていく、その積極性はどこからくるの?いつもはモジモジ君やのに。

僕も後に続いて入る。

中にいたのは、メガネをかけている50代後半の男の方でした。
勧められるがまま着席。

とりあえず自己紹介をすませ、話を聞くことに。。。
メガネのおじさんはMと名乗ってました。

M「いや~あのUという人は、いい加減やな」
いきなりUさんバッシングが始まりました、僕にしたらUさんは、まったく面識がないのでわからないが、厨房屋は苦笑するしかなく話を聞いてました。

M「これが、物件の図面です」
手書きの図面2枚ほど、だしてきました。

M「これワシが書いたんやで、Uには図面提出しろと言ったけど、なかなか出しよらん」
あれ、コレって新築で平屋を建てるんですか?

え?確認申請とかいるんじゃないですか?
M「なんかそれは設計がしているとUが言ってたわ」

M「大体やな、お店OPEN予定は4月やで。今は5月やで」
過ぎてますやん。。。

M「中の内装なんも無い、スケルトン状態やで・・・」
M「お店造ってよ」

ありえへん話やな・・・コレは、てを引いたほうが無難かな。
一応これまでのいきさつを全部聞いた。

どうやら物件自体は別の場所らしい。。。
物件の下見すら行く気になれない、ややこしい状況。

とりあえずM氏が書いた図面を元になんか考えてみますと言って、その場を去りました。

「どうしましょ?」
どうって、とりあえず、プランはしてあげるわ。平面図だけでええやろ?
それでアナタの顔はUさんにもM氏にもたつでしょ?

「ありがとうございます」
あまり深入りしないほうがいいですよ・・・・




この物件の細かい情報は次回にまとめようと思います。



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。