上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~音の彼方に~

さあ、書きますか(笑)
この34話の話は、1年ぐらい前の話です。

だんだん書いている内にイライラしてくる。
逆に、よくやったな~と自分を褒めたりもする。


一難去って、また一難を繰り返してる現場。。。
けど、工事を進めていかなければ・・・。

電気の仕込みも大変、通常骨組み時に配線仕込するんやけど、
この現場は、Uさんのプランで始めは進んでいたので、配線はやり直しです。

照明位置や機器類の配置が全然違うので当然です。
てか、そもそもUさんプラン無いし(笑)。

で、ボードをめくりながら、配線しなければならず、手間ばかり・・・
ご丁寧にボード2重貼りしてるし、余計ね。

なぜ、2重貼りか?それは防音対策らしい。。。
最初はこれで施主も納得してたらしい。

それは、おすすめ出来ませんね。こっちで提案してました。

今から、この状態で防音工事すると、相当予算をくれないとできません。
「それはムリ」と施主は言う。
入り口の2重扉案も「そんなん、ありえへん。うっとうしいわ2重なんて」と施主は言う。

じゃあ、今の2重貼りボードの上から遮音シートを全面に貼り、その上からまた吸音ボードをはり、布クロスで仕上げでこの値段になります。
「そんな予算は無い、もっと安くしろ」と施主は言う。

では、おすすめは出来ませんが、吸音ボードの変わりにボード貼ってクロスで仕上げはいかが?安くはなりますし、今よりはましです。
「それならええで」と施主はいう。

入り扉はどうします?
「2重は嫌やし。木製にして欲しい」と施主は言う。

防火区域に木製扉ですか?しかも防音ですか?
ただでさえ、木製の防火扉なんかあるんかい?
ありました・・・秋田県で、作ってました。ちゃんと防火認定済みの木製扉、しかもすこしは防音レベルも取れてます。
防音だけを優先して、建物の許可が通らなければ意味がないので、まずはこの扉を使いましょう。
それでも音が気になるようでしたら、協議して追加で2重扉にしましょう。
「そうやな、そうしよう」と施主が言い。このプランで落ち着きました。

やれやれ、どうにかこうにか、前には進めそうです。。。本当か?


・・・ごめん、まだまだありましたわ(笑)。


次の記事は設備編やな。


はぁ~。



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。