上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~設備の事聞く?~

なんかね~僕の経験が無いのか知らんけど、初めて経験することが多いねんな~この現場。

よく見る基礎って、布基礎なんやけど、そう地面から小さい壁が立ってるみたいなヤツね。
でね、その小さい壁の下にはフーチングっていって底が広がっているんです。
それが建物の輪郭どうりにグルーっと、まわっているのね。
ほんで、基礎の天端に土台を基礎パッキンかまして取り付けていくのが主流。

布基礎のフーチング無いのもある、これは内側全部にコンクリートを流し込んで一体化してるので、問題ナッシング~、ベタ基礎って言うんやけど、

この悪魔の舞台はね、布基礎が無いのよ・・・・。
なんかね、地面は全部コンクリート打っているんやけど、立ち上がり(布部分)が無いのよ・・・。

駐車場か?って所にベタに土台転がしているんです。
フロー工法?っていうんかな、よく海外で施工される工法らしい。。。

へ~、そうなんや~、ふ~ん。。。
てか、ここ日本やし。

ついでに、前面道路との段差はほとんど無いし(笑)。

もう、気がついた?
そう、設備配管はすべて溝ハツリしないとアカンのです!

なんで?って思うでしょ?
施主様がね、カウンターは低い方がいいと、おっしゃるのよ(笑)
しかも、オープンキッチンで!やって。。。

フロー工法?の厨房区画全部ハツリはごめんやわ。
てかフロー工法は平たい面の全面で受けるのね、地面にドデカイコンクリート板浮かべてる感じなんで。
板に穴あけるようなもの、沈むって。

ほんでもって、2段カウンターは嫌と我侭言う(笑)
調理しながら対面接客したいそうなんで、カウンターの腰壁にアンダーカウンター型の厨房機器の上を作業台にすれば、スペースの有効活用になる、もちろん接客もできる。

さあ、ここで計算しましょ。

前面道路との段差がないので・・・・・・・・・・+-0とします。
グリストラップの排水枡までの距離を3Mとします。
排水勾配を1/10とすると・・・10×3で・・・+30ミリ。
土間天勾配で・・・・・+30ミリ取るとする。
アンダーカウンターの高さは・・・・・+800ミリ。
立ち上がりを・・・・・・+200ミリ取るとする。
これで、カウンターの天端の高さが出る。

30+30+800+200=1130。現状基礎床から+1130ミリ。

次は逆算。
カウンターの高さを750ミリに設定する。・・・・・-750ミリ。

1130-750=310。
そう、客席側の床を310ミリ床組して上げないとアカンのです。

お店に入るのに段を上らないと駄目なんです、又は入ってから上がるかです。
嫌だそうです(笑)
バリアフリーがいいみたい・・・はい、そのようにプランしました。

そうです、スロープつくる計画です。
床も上げます。

だんだん、我侭がでてきている施主さん達。
その感覚はわからないでもない、形が見えるにつれ、やっぱりココも!は、よくある話。

出来る限りはこちらも頑張るつもりやけど、施主さん達の従業員じゃないんです。
僕らも売れっ子の店舗屋さん(笑)。

ず~と、いる訳にも行かないんです、だから工程表も書くわけです。
多少の予備日程はあります。つくります。でもそれ以上は施主さん達も我慢なり、工期の延長などの融通をきかせないと信頼関係も薄れます。

わかりました?信頼無くしていいものは出来ません!
これは重要です。。。




この時、もうひとつの店舗が開店に向け動き出していた。。。。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。