上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なはは~、さぼってしまいますた。

~あれやこれや~

工事が順調に進むのは、条件がある。
その一つには、プランの正確性とプラン変更がある。

僕は、この物件は、順調に進むと思っていたが・・・
女社長はどうも、現物主義みたい・・・。

僕は図面(平面図と立面図)とパースを書いて出し、説明をしたにもかかわらず、出来上がっていく、物件を見ては、こうなるの?ちょっと違うな~、とか言いたい放題。
こうして、ああしてのオンパレード。

正直、ムカつきます。
お客様に対して、なにを・・・と、お思いでしょうが、この物件の施主たちは、はっきりいって「やから」です。
でも、下請けの俺は、元請けの言うとおり、我慢しながら頑張りました。

ある日、厨房屋が大工Tをコソコソしてる。現場が終わった午後7時ぐらいに。

???と思い、理由をつけて、居残っていたら、厨房屋がでっかい箱を持ってきた・・・。
「これ何?」の僕の問いに、いつもどうりモジモジ君。

「実は、これ液晶テレビです」
「なんで、貴方が持ってきてるん?」

「M氏に言われたんです・・・女社長はテレビも見積もりに入ってると思ってるで~って」
「アホぬかせ、そんなん入ってる訳無いやん、見積りに書いてないやろ?」

「書いてません」
「じゃあ、なんで?」

「すいません、el-Rさんに言ったら、怒られそうで・・・勝手に買ってきました・・」
「アホやな、てか今まで追加工事一杯あるやん?それは?ちゃんと追加工事ですよって言った?」

「いえ、言ってません・・・」
「はあ~、何でやねん?どうするつもりや。まさか、俺に泣けといっとんか?」

「僕も追加で、いろいろ業者動いてもらってるんで・・・」
「アホか!なんでアンタのサービスに俺らまで、サービスせなアカンねん。ええか、よう聞けよ、俺らはアンタが儲かるようにと、値段下げて、サービスできるところはサービスしとんねんぞ。それを何や、アンタが施主によう追加言われんから、el-Rさん泣いてくれは通らん話やで?アンタの業者といっても、俺の業者達がアンタの別の現場に入ってて忙しくて回れんから、アンタにお願いしたんやろ?どの道追加工事やねんやから、追加代金は請求できるやろ?なにか?もし、俺が追加工事全部やってたら、それも泣けか?ホンマ怒るで!
俺らの気持ち踏みにじって、施主の言いなりか?ありえへんのお~。もう、無理やな、アンタが追加工事の代金を施主に請求するまで現場に入らないですよ。ウチの請求はさしてもらいますね。ちゃんと話つけて下さいね。」


そういって、僕は現場から離れた・・・。

それから、厨房屋と大工Tな何度か、その現場に入り、女社長の気に入るように、僕の書いたパース通りに出来ている物件を無視しながら変更していき、工事を終わらした。

そして、最終金と追加工事代金の支払いが迫った、ある日。僕と厨房屋と大工Tが施主達に呼ばれた・・・。てっきり代金回収できるものと思い・・・。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。