上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.28 雑記
たまに、灘区のハローワークの前を通る。

綺麗な建物です。そこには求職者があふれ、失業者もいる。



若い人もいれば、お年をめした方もいるし、男も女も仕事を求めやってくる。

別に、昨今の失業率がどうの、雇用がどうのを語る気はさらさらナッシング。



たまに通る、ハローワーク・・・・。

できれば、できることなら、あそこにはいらない。



てか、大反対でした。

世の為、人の為になっているんだろうけど・・・。



さっきも言ったが失業率、雇用は語る気は無い。



ハローワークの建っているところに、問題があるのです。

かといって、立地的に邪魔だとか、不便とか、そんなんじゃ~ありません。



かなり、歯切れ悪く、引っ張っていますが、あたくしが嫌がる理由は。。。。



その、ハローワークが建っている場所は、あたくしが純粋無垢の天使やった頃、

通っていた、幼稚園があった場所。



あたくしと嫁が通っていた、幼稚園。

同じ卒園アルバムに写っている園舎は、もう無い。



その幼稚園は公園の一角にあり、午後ともなると、園児達、子供達が溢れていた。そう、溢れていた(笑)。

元気一杯の天使達の、笑い声、歌声が溢れていた。そう、溢れていた(笑)。。。。



今は、職を求める、大人達が溢れている、そう、溢れている(笑)。。。。



少子化で、学校が統合されたり、取り壊したりする話題を聞くたびに、人々の思い出が、その人の記憶の中だけのものになってしまうんやろうな~と思っています。



記憶だけが真実。になるのかな?

でも、記憶を共有できる人がいるって事は、素敵な事ですね。



もちろん、嫌な事とか、楽しい事とかあるけど、そ~ゆう思い出ひっくるめて、全部が素敵やわ。



生きているって、素敵やわ~。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。