上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の夏は嫁の田舎に行こうと計画している。

旅行…

と聞いて思い出す事がある。

昔の昔の事じゃった…
大地(痔)主のあたくしは…って、今回はいつもの下の話では無いので注意してね。

話を戻します。

土地(痔)を手放すべく、ある病院を訪れ、無事摘出しました。

なかなかの大手術で一週間入院しました。
入院中はケツをいたわりながらの生活を強いられ、幸か不幸か、あたくしは便通がものすごくいい。

決まって朝のお勤め先のトイレで、毎朝激痛をこらえてました。
朝が怖かったのは言うまでもないです。

そんな、あたくしの楽しみは喫煙所での至極の幸せ『煙草タイム』が一番の楽しみ。

で、喫煙所に集まるのは大体同じ人で、お互いの病状を自慢する日々。

そんな中、かなり以前から病院にいてる車椅子のおっちゃん…。

ある時、あたくしと車椅子のおっちゃんの二人で、いつもの喫煙所で話てると、

『にぃちゃんは、退院したら何がしたい?』と聞いてきた。

特にしたい事はないけど…退屈やから早く外で遊びたいと答えた。


すると、おっちゃんは聞いてもないがこんな事を言った…


『ワシ…旅行がしたいねん…、いつ退院できるかわからんし、半身動かへんけど…』

俺は複雑な感じでした。
というのも、おっちゃん…ほぼ体が動かないらしい、車椅子も凄く遅い…そして、歳の割に老け込んだ顔にやせ細った体…当時の俺は無責任でほんと申し訳ないが、もうヤバいな。と思っていた。


おっちゃんは続ける…
『インターネットってあるやん?ワシ…それで世界中を旅したいねん…。知ってるか?色んな所の写真があってな、色んな情報があってな、旅行したみたいになるねん…ワシの体もう動かへんから、退院したら家でパソコン買うて旅行するねん…』

そう言って、おっちゃんは窓の外に目をやって遠くを見ていた…


あれから15年…

携帯電話から、おっちゃんの言う世界旅行ができるまでインターネットが普及し、情報がデジタルの暗号に乗り、アナログな人間を簡単に仮想世界に引き入れる時代になりました。

ただ、ボーっとネットをさ迷っている、あたくしは、『旅行』という言葉に反応して。

失われた人生の熱意を仮想世界に見いだし想いを馳せる一人のおっちゃんの事を思い出す…。


楽しく旅行に行ける事の幸せ。
健康でいれる事に感謝して、旅行の計画をしようと思います。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。