上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホンマにあった事語ってもよろしね~。

関西のとある大阪市にとある場所があります。
ここは、これぞ大阪!本物の大阪が味わえる場所です。

ある職人さんが、その地域で仕事をした実話です。
職人さんが荷物(工具など)を積んだトラックを現場近くに停めました。

ここで、職人さんはある重大なミスをします。
あろう事かトラックの荷台のシートを掛けずに車を離れてしまったのです。

関西人ならもうお解かりですね?
トラックのシートを掛けないのが、なぜ重大のミスなの?と思っている方、その地域ではタブーなんですよ。

案の上、ほんの数分でトラックの荷台は空っぽです。
青ざめる職人、工具がなければ仕事になりまへん。

あわてて周辺を探す職人。
あらら、もう見つからないわと思っている方、まだまだ甘いですよ。

その地域では、案外すぐ見つかります。
なぜ?それは、盗難現場からほんの数十メートルの路上で
売られているんです。

職人はその並んでる商品の中に見覚えのある工具を発見。
職人「おっさん、それ返してくれ」
おっさん「これは5000円や」

職人「それ、俺のや」
おっさん「証拠ないやんけ」

職人「俺、この工具にわざと傷つけとんねん、ほらここや。それに名前書いてるやんけ」
おっさん「そんなん知るか」

おっさんと職人の言い合いを聞きつけて、路地裏からおっさんと同じような人々が10人位でてきました。
「やばいボコられる」職人は身の危険を察知。

職人「分かった、買うから2000円で売ってくれ、ホンマは俺のやからな、ええやろ」
おっさん「しゃ~ない、2000円に、まけといたるわ」・・・・・。

それは日常の風景です。。。

その後、無事仕事をこなすことができた職人さん、それ以来トラックのシートはちゃんと掛けるようになりましたとさ。


深いイイはなしですね。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。